人材発掘 タイトル画像

トップページ >  「人材派遣」の待遇:有給

有給について

気になるポイントの一つが「有給休暇はある?」ということでしょう。
「派遣だから有給なんてあるわけないし。」などと考えている人が多いことでしょう、
ですが、人材派遣労働者も、正社員も、実は仕組みとしては正社員と同じなので、正社員に準じた有給がもらえることになっています。

有 休は「労働基準法」によって定められていて、「6ヶ月以上継続して勤務し、さらに労働日の8割以上出勤すれば、正社員と同様に有給休暇を取得することがで きる」と定められている、当然の権利です。これは、正社員だけでなく、人材派遣労働者や、あらゆる労働者にも適用されることとなります。もちろん、勤務形 態によって少しの違いはありますが、概ねは同じです。

ですので、人材派遣労働者だけではなく、実はアルバイトでも有給は認められているものなのです。
一般的には、働きはじめてから半年後に10日間の有給休暇が発生します。それ以降は1年ごとに1日ずつ増えていくといった形が取られています。これは、人材派遣先が変わったとしても、派遣元が同じであるのなら、有給休暇は継続していきます。 ただし、契約終了となって、次の派遣先で働き始めるまでの期間が1ヶ月以上開いてしまうと、その多くの場合、有給休暇は消滅してしまいます。
こうした点は覚えておいたほうが良いでしょう。

いざあなたが、休みを取りたいという時に、「有給でお休みしたい」と人材派遣会社に申し出たい・・といった時がある場合が多いと思います。その時には会社側から「有給を取らないで」と言われてしまうことがあります。
ですが、基本的に「有休を取ってはいけない」という命令をすることは、会社側にはできません。
ただ、「この時期は忙しいので、他の時期に有給をとってくれないか?」と時期を変えてもらうようなお願いはできるので、
そのように会社にお願いされた場合には、その時には会社側の話も聞いても良いと思います。(これがどうしてもムリだという場合には、きちんと説明をしましょう)
まれに、会社のそうしたお願いや、仕事の状況などを無視して、とりあえず有給をとって休んでしまうという人がいます。
ですが、これは職場での人間関係を考えると、止めたほうが無難でしょう。

確かに、有給をとるのは労働者の権利です。ですが、 「権利は権利」と、あまりにも忙しいような時に有休をとってしまうとなると、周りとの関係が悪くなってしまうのは当然の結果ともいえます。 確かに、有休はあなたに与えらている「権利」です。
ですが、有給を使う場合には、会社の仕事の状況などもよく考えて使いましょう。

 

recommend

ピロリ菌の対策を知る

モーニングのレンタルについて聞く

Last update:2017/8/3


 

このページの上部へ移動します。