人材発掘 タイトル画像

トップページ > 「人材派遣」のメリット

「人材派遣」のメリット

「人材派遣」で大手企業で働けるチャンス!

以前も今も、大手企業へ就職するというのは、普通に考えて「狭き門」ということがでますが、 人材派遣労働者の場合では問題にならないこともあります。 人材派遣労働者を雇用するのは、その「狭き門」であるはずの「大手企業」の方が活発ということがいえます。。 また、大手企業の場合は採用枠も多いため、むしろ人材派遣労働者の方は行きやすいとされています。
当然なのですが、人材派遣労働者の方から、「ドコソコ株式会社で働かせてください」といった、人材派遣先の指定などは出来ませんが、その代わり「大手の家電メーカーで働きたい」といった希望を出すことは可能ですので、 そのために、こうしたチャンスを上手く活用することで、正社員では体験できないようなキャリアを積むことができたなら、あなたのその「実績」は正社員にも負けないものになるはずです。 人材派遣会社に、「自分はこの職種に行きたい!」といった希望を申し出てみることをおすすめします。上手く採用されれば大手企業は人材育成のために徹底的な社員研修を行いますので、さらなるステップアップの可能性が広がります。

「人材派遣」はスキルアップがしやすい!

スキルアップしたい分野を、人材派遣で伸ばすということも出来る場合もあります。人材派遣として仕事をするということは、あなた自身で仕事を選べるという事です。 もしもあなたが、「英語が得意なので通訳の仕事をすることで、英語力をアップさせたい!」などと思ったのなら、人材派遣を通して通訳の仕事を選ぶことも一つの道です。
また、 「パソコンを覚えたい」ということならば人材派遣会社を利用して「IT企業」などで働くことも出来ますし、また「経理」を覚えたいということであるなら、これも人材派遣で「経理事務」の仕事を選べば良いといったことになります。
通常なら、正社員の場合では、こういったことは簡単にはいきません。ですが人材派遣の場合、自分で人材派遣契約の継続・終了を選択することができるので、その上で、次に自分自身が欲しいスキルを自分で選べるという働き方のスタイルが、人材派遣のメリットの一つといえるでしょう。

自分のキャリアを自分で決められる!

次に、人材派遣の最大のメリットを挙げるとするならば、「自分のキャリアを自分自身で決めることができる」という点でしょう。
例えば、 普通に就職活動をしたような場合なら、仮に大手の会社に就職できたというような場合があっても、そこからどの部署に配属されるのかというのは、いざ入社するまでは全然分かりません。
口下手な人が、営業部に回されてしまっては、実力を発揮するのが難しいものとなってしまいます。
そうでなくて例え、望み通りの部署へ配属されても、その後に、「異動」となってしまえば、これはこれで意味が無いものになってしまいます。

実は、人材派遣社員として働く最大のメリットはそういった点にあるのです! 人材派遣の場合には、もしもあなたが「経理」へ行きたいと考えて、経理部への求人に応募するのであれば、必ずといって良いほど経理部配属となります。 人材派遣契約というのは、その部署に配属になる事を前提としている「人材派遣契約」です。通常の正社員で入社した新入社員のように「どの部署になるのかは人事部任次第」といったことはありません。
これは「自分のキャリアを自分でデザインすることができる」といったことがいえるでしょう。
これは人材派遣のメリットが大きく生きている例でしょう。

この厳しい不況が続いるこの世の中で、たとえ正社員といってもリストラや転勤などがよく発生します。
こうした状況に陥った場合、例えあなたがどのように今後のキャリアを描いていようが、正社員の場合だと、ある日突然「来月から君は営業部」などと言われてしまえば、何にもあったものではありません。

ですが、人材派遣労働者の場合、例えば経理で数年働いた後に、「次は総務に」という希望があるのなら、今現在の人材派遣契約を終了させて、人材派遣会社へ「次は総務の仕事を紹介して欲しい」と希望を言って登録してしまえば、今度は人材派遣会社からは、総務の仕事が紹介されるということになっています。

この場合、会社自体は転々と渡り歩く格好にはなりますが、一番良い形で自分の進みたい道へ進めるというのが、人材派遣で仕事をする、最大のメリットとも言えるでしょう。

このように、人材派遣には数多くのメリットがあります。
あなたにとって、人材派遣は、悪いものではないということがお分かりになったかと思います。

recommend

Last update:2016/7/27

このページの上部へ移動します。